2016年10月23日日曜日

UQモバイルがランチタイムでも爆速!KC01一括0円購入で月々740円~

格安SIMのランチタイムは驚きの遅さで有名(たぶん)
そんな中で優秀と言われているUQモバイルを試してみた。
Try UQ mobileレンタル|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile
返却期日を守り壊したりしなければ15日間完全無料で使える。
ただし、発送から返却完了までで15日間なので実際は12日程度試すことが出来る。

今回端末は不要(壊すリスクをなくすため)なので、nanoSIMカードを申し込み。
SIMをSOL26に入れて設定後にすぐに使えるようになり、ランチタイムに測定。
全く期待はしていなかったけども、爆速過ぎて逆に不安を感じてしまった。



ド田舎での測定だが、最低でも5Mbps出ていて、最大40Mbpsも出た!!
12時42分の測定は住宅街で特急も止まる駅での測定でこれは大満足!
これを試した数日後に、UQモバイルから利用状況の確認と、営業の電話が来た。
速過ぎて不安だったので、本契約しても速度は変わりませんよね?と、サラッと聞いてみた。
レンタルでも本契約とは変わらないので速度は変わりません。とね。
電話営業では2年間で端末実質0円で月々1980円~と案内されたが、
東京近辺のお店では古めの端末だが、KC-01と言う端末が一括0円で売られている。
契約するなら、そっちで契約するので…と、電話営業はお断り。
2016年10月24日、本契約後にランチタイムスピードテストは問題なく40Mbps出た。

KC-01を一括0円で売るお店は結構多いので、その中から一番良い物を待っていると、
KC-01が一括0円でハッシュタグで解約金負担と言うお店を発見!
早速電話で聞いてみると、MNP転出元の違約金1万円を後日キャッシュバックしますと。
条件はたっぷりオプション、端末補償、Google Play Musicの3点
補償とMusicは無料期間があるので、○日以降であれは廃止していいよとの事。
東京都北区にある某携帯屋さんに行き、申込書やキャッシュバックの書類を記入。
事務手数料も無料で1年目は無料通話60分と月々2GBで740円から使えるよと確認
15分程で終わっただろうか。その日は申込書の記入だけで後日登録する形となった。
そして後日受け取りに行き、Google Play Musicの加入と注意点を聞いて終わり。

そのお店、記事を書いた2016年10月23日時点でも一括0円と言うツイートをしている。
しかし、ハッシュタグから解約金負担の文字が消えてしまった。。。

ランチタイムの速度についてだが、レンタルから数日後なかなかつながらない事が多くなった。
重いページ軽いページは関係なくテキストベースのページでもつながらない。
通信速度は関係なく、つながっていない。つながらない。しかし、つながると爆速
WiMAXルーターも持ち歩いているので気になったらそっちにすればいいのだけど…

さて、また2年後はどんな風になっている事やら。